ブランド品を持つことによって

高級ブランド店の礼法

ブランド品を持つことによって 高級ブランドというのは、提供される製品の価格が二万円を超えていたり、香水であっても一万円近くする高級品全般となっています。また、高級ブランド店で販売されている高価格製品の製造国は、西欧がメインとなっています。西欧というと、イタリアやフランス、それにスペインが主となっており、時計に関してはスイスが多いそうです。また、稀に高級品でドイツ製や英国製の物も有りますが、これらはかなり価値が高いとされています。高級ブランド品ですが、専門店で買うのが普通となっています。価値が分かる人であれば大抵はそうしているそうであり、また、上客となれば店側からプレゼントがされることがあるといいます。

高級ブランド店に入る場合、一定の作法が求められます。それは、店員やブランド自体に対して敬意を払うことです。ブランド店を訪れる場合、大抵はカジュアルな服装の人はあまり見掛けないそうです。カジュアルな服装の人でもブランド店に入店することはあります。ただ、よく観察してみると、その人の服装は、たとえカジュアルであろうとも比較的フォーマルな感じがしたりします。半袖シャツの場合は、黒一色で気品が感じられたり、ジーンズにしても無彩色の白または黒が多くてそれなりに作法を弁えている人とされています。高級ブランド店に入る場合、たとえカジュアルな服装であっても比較的スマートさが感じられるモダンデザインタイプでなければ客人自身が恥をかくことがあるそうです。

高級ブランド店に入ると、店員は大抵の場合は客人に対して敬意を表して敬礼をするそうです。教育がなされているだけでなく、その場に相応しい客人を持て成そうとするわけです。客人が店内で製品を見ていると、さり気なく店員が声を掛けてくれます。そこで、客人が店員とコミュニケーションを取って、製品を購入したりするのです。製品を購入する場合は、現金だけでなくてクレジットカード決済が可能となっており、一括または分割を選択可能となっています。また、物品を購入した場合、会計がその場で直ちに行われるわけではありません。ラッピングをし、暫く待つことになります。また、会計は商品手渡し前になされることになっています。店員が客人に敬意を表してショップバッグに入った、丁寧にラッピングされた製品を手渡しして最敬礼をして客人を店外へ「お通し」することになります。客人は、まるで自分が特別な扱いをされた感じになるでしょう。ブランドの価値が分かっている人であれば、自分は店員から大切にされていると実感されるでしょうし、大抵のブランド店ではこういうことをしています。


Copyright(c) 2022 ブランド品を持つことによって All Rights Reserved.