ブランド品を持つことによって

ブランドという言葉を避けていた

ブランド品を持つことによって 私は今までの人生の中でブランドの物を購入した事がありません。ブランドという言葉を避けて生きてきました。それには理由があります。その理由を紹介したいと思います。ブランドの物なんか、自分には似合わないと感じていたからです。ブランドの洋服を購入したとしても、自分なんかがそれを着て、街中を歩くなんて、恥ずかしくて出来ないと思ってしまっておりました。不細工がブランド物を身につけるなんて、逆に恥ずかしい行為だと思ってしまっていたからです。また、今までの洋服などは、いかに安く手に入れるかを考えながら購入しておりました。別に高い洋服を身につけるのではなく、安い洋服をいかにちゃんと着るかを考えておりました。なので、高額の洋服は値段を見た瞬間から、購入する候補から消えておりました。また、高い洋服のお店は入る事すらしませんでした。

自分が身につけるのが恥ずかしいという他に、安い服ばかりを購入してきたので、高額の洋服を購入するなんて、ありえないのです。自分がどうしても欲しい洋服があり、それが高額だったという現実に直面するのが恐いのです。なので今まで、ブランドを避けてきました。しかし、私も今は立派な大人なので、少しブランドを身につけてみようかなという気持ちの変化が最近出てきております。今後、どうなるかは分かりませんが、少し興味があります。


Copyright(c) 2022 ブランド品を持つことによって All Rights Reserved.